私はアトピー肌なので、ニキビやニキビ跡、肌のシミを改善する化粧水やクリームで肌荒れを起こしてしまうことがあります。
基礎化粧品を使うことでより肌の状態が悪化してしまうという悲しい現象が起きてしまうのです。
そこでいきついたのが、基礎化粧品はシンプルで肌への負担の少ないものを使用し、肌トラブルを改善するためには体の中からのケアをするということです。

体の中からのケアというのは、食事のことです。
ニキビが気になるときには、チョコレートやナッツ類、揚げ物類などのニキビを悪化させるといわれる食品は食べないようにします。
そして食物繊維の多い果物や野菜を食べるように心がけます。
野菜だけでなく、豆類や海藻類、卵、肉、魚もバランスよくとるようにして、なるべく調理方法は油を使わないあっさりとした調理法にするのです。
外食よりも家での食事、洋食よりも和食のメニューの方がヘルシーな食事を食べることができます。
体の内側から綺麗にしていくことが一番、美肌にとって効果的だと思います。背中ケア 大阪