頬はカサカサでハリがないのに、Tゾーンはテカリが目立ち、時々ニキビが出来てしまう。そんな方は、混合肌といえるでしょう。しっとりタイプがいいの、それともさっぱりタイプ?化粧水ひとつ選ぶにも、そんな風に悩んでしまって、決められないことも多いのではないでしょうか。多くの方が、混合肌を体質だと考えているようですが、実は、日々の生活の中で、知らず知らずに混合肌の原因をつくっている可能性があるのです。アルコールの摂り過ぎや、タバコの吸いすぎなどで内臓がうまく機能していないことも考えられますし、日々感じているストレスのせいでホルモンバランスが崩れていることもあります。そのように内側から弱っている状態に、さらに外側からも、強い日差しや、強いクーラーの風などの刺激を受けてしまうと、身体は肌を正常な状態にコントロールしきれなくなってしまいます。その結果、「乾いているのにべたつく」というおかしな肌ができあがってしまうのです。特に、気温や湿度が変わりやすい時期は、コントロールが難しく、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを起こしやすいので、混合肌の方は、季節の変わり目は注意が必要です。しかし、おそらくほとんどの方は、日々少なからず太陽の下で日差しを浴びているでしょうし、ストレスも感じているでしょう。たまにはお酒も飲むかもしれません。つまり、今は健康な肌の方であっても、いつでも混合肌になる可能性はあるので、油断は禁物です。混合肌だと、乾燥しているのか油分が多いのか、分からなくなってしまうところですが、その本質は、乾燥しているのだということを忘れてはいけません。おでこや鼻の脂浮きが気になるせいで、さっぱりとした化粧品をチョイスしている方も多いのではないかと思いますが、それが水分不足の原因をつくっているのです。過剰に油分の多い化粧品を使えば、Tゾーンに乗せたときに余計な油が酸化しやすいので、ニキビや黒ずみのもとになってしまいますが、だからといって保湿を怠るのは禁物です。Tゾーンが油っぽくなってしまうのも、肌が乾燥から守るために、皮脂を出そうとした結果です。そのコントロールがうまくいかず、皮脂が過剰に出てしまっている状態ですので、そこで保湿をしないと、混合肌はますます悪化してしまいます。大切なのは、スキンケアの基本である、化粧水で水分を入れて角層を潤したあと、乳液やオイルなどの適度な油分で潤いを逃がさないように、バリアを張ることです。とはいえ、最低限のスキンケアでは、乾燥している部分はかさついてしまうこともあるかもしれません。その場合は、かさつくところにだけ、普段使っている乳液やオイルを部分的に重ねづけしてみるのもありです。それでもすぐに乾燥してしまうような場合は、最近注目されている、セラミドが配合されている化粧品を使ってみるのもいいでしょう。角層がレンガだとすると、そのレンガは細胞間脂質というセメントで守られながら繋がっている状態で、肌は構成されています。このセメントの密度が低くなってくると、角層の水分がすぐに蒸発してしまい、肌は乾燥しやすくなります。セラミドは、細胞間脂質の40%を構成している成分ですので、そのセラミドを入れてあげることで脂質の働きが高まっていき、肌の乾燥部分が解消されていくのです。また、逆に脂の多いTゾーンは、余分な脂が肌の上で酸化しないように、べたつきが気になったらタオルやティッシュで軽く抑えるようにするなど、部位ごとに臨機応変なスキンケア方法を行なう必要があります。季節によって乾燥しやすいところや脂っぽくなりやすいところの部位も範囲も変わるでしょう。夏は特に脂が気になるでしょうし、逆に冬は乾燥が気になるかと思います。そこに重点をおいたスキンケアができるように、自分の肌の特性を知っておくことも、大事なことです。http://beautifulstory.sakura.ne.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E8%87%AA%E8%B2%A9%E6%A9%9F.html