紫外線対策の一つとして、日焼け止めを塗る方法があります。しかし、普段から乾燥に悩まされている乾燥肌の場合、日焼け止めによく入っている成分が、より一層乾燥を進めてしまうこともあるのです。紫外線に当たると肌の乾燥を招くので紫外線対策は非常に重要ですが、せっかくお肌をケアしたつもりでも、乾燥肌が悪化してしまっては元も子もありません。市販されている多くの日焼け止めには、紫外線を吸収して放出させたり、反射させたりする、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤という成分が配合されています。これらの成分は、紫外線対策に欠かせないものですが、お肌への負担が大きいところが気になります。紫外線吸収剤は肌荒れの原因になるといわれており、紫外線散乱剤はお肌の乾燥を引き起こすといわれているのです。日焼け止めのお肌への影響が気になる方は、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプの使用をおススメします。無添加で、かつ石鹸で落とせるタイプであればより安心でしょう。また、日焼け止めを塗ると乾燥が気になるという場合には、保湿機能のある日焼け止めを選ぶといいでしょう。最近ではお肌に優しくてもUVカット効果の高いものや、保湿も同時に行なう製品も増えています。乾燥肌の方は特に、そういった製品を選ぶことが重要です。また意外と見落としがちですが、日焼け止めを塗る前にはきちんと保湿ケアを行うことが大切です。基礎化粧品で保湿ケアをしてから、5分以上の時間を空けて日焼け止めを塗ることをおすすめします。そうすることで基礎化粧品がお肌にしっかりと馴染んで吸着し、肌が整うので、日焼け止めを塗ってもそれほど乾燥が気にならなくなります。

http://shimitori-real-review.com/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F.html