ニキビの原因としては、脂肪の分泌が多すぎるということを挙げることができます。脂肪の分泌そのものがもちろん悪いというわけではありません。

脂肪の分泌はそれなりに重要な役割を果たしているということができます。皮膚の表面にはカンセンからそれとわかる汗がにじみ出るだけでなく、石垣のように積まれた皮膚の細胞の隙間からも水分が絶えずしみ出しています。皮膚の表面に死亡膜がありますと、しみ出た水分は外に逃げ出しては行きませんので、角質に貯まり、しっとりとした潤いのある肌を形成するわけです。このように脂肪の分泌は美しい肌を保つ上で非常に重要であるということができます。この脂肪ですけども、無制限にいてているというわけではありません。普通は一定の量があって、その量に達するとそれ以上は出ないようにうまく調整されているということができます。しかしその調整がうまくゆかないことがあります。それが脂漏症つまり脂性といわれる症状ということができるでしょう。duo-クレンジングバーム 店舗