肌の状態は人それぞれ異なりますが、基本的に肌が潤うを保ち保湿された肌でいるためには化粧水で水分を保水し乳液やクリームなどで油分を補給してあげることが基本になります。

スキンケア用品が肌内部まで入り込むようにするためにはクレンジングや洗顔で汚れや汗、メイクを落とし肌を柔らかく、化粧品が入りやすい肌を作っておく必要があります。
化粧品が肌の奥まで浸透できるような肌を作ってあげれば肌の乾燥を予防してしわやシミ、くすみやたるみなどの肌の悩みやトラブルが起きにくくいつでも潤いがある保湿された肌を保持することも可能になります。

スキンケアは美肌を保つためにどの工程もとても大切なことばかりですが、クレンジングや洗顔で肌に必要な水分や油分を洗い流しすぎないようにすることや化粧水や美容液、クリームなどを肌の上に塗る、なじませるだけでなく肌の奥まで浸透していくようにスキンケア用品を入り込ませてあげられるような柔らかな肌を作るって上げることが重要です。

肌の洗いすぎや化粧品を簡単に肌の表面に塗ってスキンケアを終わらせるのではなく、少しでも肌の奥までスキンケア用品が入り込むように手の熱でプレストします。
そうすることでマッサージや化粧水のパックなどを使用して肌の内部まで化粧品を入れ込んであげることで肌には透明感が出て潤いがある肌に生まれ変わることもできます。
また、肌の洗いすぎを防ぐために私はヴァーナル洗顔石鹸でダブル洗顔をするようにしています。