紫外線は、顔にシミやくすみをつくってしまう元であり、女性にとっての大敵といえます。
強烈な日差しにさらされた肌は、紫外線の影響によって、肌トラブルが起きやすくなります。
紫外線を浴びたお肌は保湿力が低下し、乾燥しやすくなりますので、何とかして対策を講じる必要があります。

角質層は肌の表層を覆っている部分で、外の刺激から皮膚をガードする役割があります。
角質層によって保たれていたバリア機能は、紫外線にさらされてしまうと、低下してしまう可能性があります。
角質は肌の一番外側にあり、基底層から生まれてた細胞が徐々に押し上げられ、最後には垢となって剥がれていきます。
紫外線の作用を受けて、お肌のバリア機能が低い状態になってしまうと、角質層だけでなく、皮膚の深層も乾燥が進むようになります。
紫外線による皮膚へのダメージが積み重なると、十分に育ちきっていない肌細胞まで角質にならざるをえなくなり、肌全体の防御力が低下します。
細胞と細胞の間をすきまがないようにつなげてくれる細胞間質も足りなくなりますので、外界からの刺激が素通しになってしまいます。
お肌のバリア機能が十分に働かなくなると、紫外線がますます皮膚の奥にまで届くようになり、皮膚の深層まで損なうようになります。
初めのうちは、多少の紫外線の影響は皮膚の正面で弾き返していたとしても、なかなかそうもいかなくなります。
乾燥が進行すると肌に炎症が起こり、色素沈着の原因ともなってしまうので、紫外線を浴びないようにすることは肌にとって大変重要なことなのです。湘南美容外科 北九州