カテゴリー: スキンケア

宣伝ばかりで困りますよね

最近エイジングケアに興味があります。

というのも、30代半ばになって急激に肌の老化が目につくようになりました。

たとえばほうれい線がクッキリしてきたほか、常に肌が乾燥した感じになりシワっぽくなってきました。

シミも増えてきて、これは何とかしないとと思い始めました。

今エイジングケア化粧品ってたくさんありますよね。

あれって使っていたら本当に良くなるんでしょうか。

テレビやネットで「これだけでこんなに変わりました」とか宣伝していますが、いまいち信じられません。

でもサンプルがもらえたり2週間試せるキットが安く提供されていたりすると、思わず手を出したくなります。

最初はそこから試すべきでしょうか。

私はズボラなので、とにかく簡単なのがいいんですが、そうなるとオールインワン化粧品っていうのがいいんでしょうか。

これ一つでスキンケア完了なんて私にぴったりです。

しかもエイジングケア成分が入っているものがたくさん出ていますしね。

でも価格的にも買いやすくて継続できるものでないと意味ないので、無理のない範囲で選びたいと思います。

敏感肌に美容液を使う

パックをしたいということは女のたしなみ

よく人から肌がきれいだといわれているのですが、それは最初お世辞だと思っていましたが、実際にたくさんの人に言われるので何か特別なことをしているのかと自分でも考えましたが、スキンケアをしっかりしているというくらいだと思います。

乾燥肌だったので特に保湿をしっかりするように私は昔から気を付けていたのですが、化粧水はとくに重要視していて、物自体はとくに高価なコスメではなくドラッグストアで手に入るハトムギ化粧水を使っているのですが、使用量が尋常ではありません。

できるだけ肌にしみこませたいので、コットンにたっぷりとしみこませて、それをじっくりと肌に押し当てます。

この時擦ってしまうと肌の表面を傷つけてしまうおそれがあるので、優しく優しく化粧水をなじませていきます。

そのあと肌が乾かないうちに乳液、美容液をしっかりと肌のフタをするように塗って、週末にはちょっと贅沢なパックを顔につけて1時間ほど肌の栄養補給をしています。

 アンチエイジングの美容液はこちら

女子力アップ

女の子としての魅力アップさせましょうと「女子力アップ」という言葉がありますね。
「女子」というのだから女の子に相応しい年齢は20代半ばくらいまでかな、30代前半くらいでも女の子と呼ばれることはあるみたいですが、女性としたほうがフィットしますね。
(さらに…)

小さい顔を目指すなら…。

退社時刻になると、帰宅用の靴が入らなくなるほど、足のむくみに苦しめられている人は少なくないそうです。「むくみの原因は何か?」を明らかにして、それを和らげる「むくみ改善法」を実施することが必要でしょう。
(さらに…)

いつまでも若々しい肌を手に入れるために

シミやニキビ跡に悩まされたことはありませんか?

若い頃に、日焼けが肌に悪いとは思いつつも、ついつい真っ黒に日焼けしたせいで、そのツケがやってきて後悔している、という女性は多いのではないでしょうか。

(さらに…)

優しく洗う

化粧品の力というのは肌への負担が強いので、それを全て取り除いてワセリンを塗るのみにするのが1番良いスキンケアだと言えます。顔を洗うのは毎日行ないますが、現在までほとんど洗顔料をこだわらずにつかっておりました。 (さらに…)

脱毛エステに行って脱毛した際に起きた、失敗した話と知っておくべき点は

せっかくエステで施術を受けたというのにムダ毛の脱毛は失敗した、等といったブログは時々あります。と言っても、その中にはサロン側の説明不足からくる思い込みや誤解などのケースも見かけます。その一方で、脱毛した部分のケガが生じて大変な被害も少なくないようです。 (さらに…)

乾燥がひどい

アンチエイジングはいつから始めるべ聴かというと早くのうちからやる事が重要なのです。

遅くなっても30代から始めることをすすめます。

特に目の周りの皮膚は薄いため、目の周囲を保湿するのは本当に必要です。 (さらに…)